FC2ブログ
上野樹里さんのファンである「え む」さんがmixiに書いた日記形式の回想を、許可を得て転載してます。http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5805727
上野樹里さんのファンである「え む」さんがmixiに書いた日記形式の回想を、許可を得て転載してます。http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5805727

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

雑誌31・「撮影現場にいる時が一番好き・・」 2007年11月22日

「Komachi」2006年8月号。゛上野樹里、等身大の役に個性を光らせる逸材゛という記事。

<記事より抜粋>
・・・・
「最初から器用に何でもこなせる女優というわけではないので、映画に育てられている感じです。大切にしているのは、自分をよく見せようとしないこと。映画は生身の人間の気持ちを描いていくもので、自分がカッコつける場ではないから」
そんな彼女が、心から共感できたという役が、最新主演作『笑う大天使』で演じた史緒。・・・・
「母親を亡くしたというところが私と共通していて、すんなり気持ちが入り込んでいきました。環境がいきなり変わって、強さと弱さが同居している史緒の複雑な心境に、自分を重ね合わせました」
・・・・

(記事ページのシックな装いの写真が、大人っぽくてなかなかいい感じ・・)


「non・no」2006年?月号

<記事より抜粋>
堂々とした存在感と確かな演技力が魅力の樹里ちゃん。
・・・・
「監督にも『史緒はいろんな顔がある子だから』って言われたんですけどね。・・・・私もそう。前に共演した方から『多重人格なところあるよね』って言われたことがありましたもん。だから今回も頑張って役作りするというよりは、自分の中のいろんな感情を出して楽しんでみようって。それだけでした」
・・・・
「・・・・私、お嬢様っぽく猫をかぶるよりも、どんどん体を使いたい派なんで(笑)」
休日も「温泉に行ったりと、わりと遠出しちゃうかも。この前は箱根に行きましたよ」とアクティブ。樹里ちゃんの日々を楽しくさせているのは゛まずはやってみる゛という心意気&行動力。
「それぐらいのワンパクさがないと、オーディションを受けて女優になったりしてない気がする(笑)。今も、撮影現場にいる時が一番好きなんです。衣装を着て、メイクをして、監督や役者さんと一緒に現場の空気を感じることで分かることってあるから。あまり自分の中だけで考えすぎちゃうと、本当に゛芝居してる゛感じになっちゃうし、撮る側も困ると思うんですよね。『君のことは分かったから』みたいな(笑)。自然な感じでいたいなって、いつも思ってるので」


「サイゾー」2006年7月号

<記事より抜粋>
・・・・
・・・・しかし樹里ちゃん、おとなしい印象かと思いきや、意外にもハキハキしゃべりますね。整った顔やすらりと細い手足はまさに「美少女」という感じなのに、兵庫県出身ということで、ときおり関西弁になるのもキュート。
・・・・
「原作はちょっと目を通した程度。普段、マンガはあまり読まないし。でもこうしてCGや編集が加わって、ちゃんとした作品になってから改めて読んでみると、おもしろいですね。今なら、『ああ、確かに監督は、このマンガが好きそうだな』って思いますもん」
意思の強そうな瞳はまっすぐで、・・・・こんなにかわいいのに、眼光は鋭く、しゃべるは強気の関西弁、そして、決して甘えない口調。・・・・
・・・・作品の見どころを一言お願いします!
「一言? 一言は難しいなあ。・・・・んー、一言では説明できないので(笑)、ぜひ劇場に観に来てほしいですね。絶対楽しめると思いますよ」
・・・・

(髪をラフにアップにして、「笑う大天使」の原作コミックを読んでる写真が、いい感じ・・)


゛自分をよく見せようとしない゛
゛自分がカッコつける場ではない゛
゛あまり自分の中だけで考えすぎない゛
゛自然な感じでいたい゛

゛映画に育てられている゛
゛撮影現場にいるときが一番好き゛
゛監督や役者さんと一緒に現場の空気を感じる゛

゛決して甘えない゛

垣間見る、樹里さんの女優としての心構え・・
だから、観る人の心を捉えて、はなさない・・
スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。