FC2ブログ
上野樹里さんのファンである「え む」さんがmixiに書いた日記形式の回想を、許可を得て転載してます。http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5805727
上野樹里さんのファンである「え む」さんがmixiに書いた日記形式の回想を、許可を得て転載してます。http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5805727

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

雑誌5・「良い出会いをしたなあ・・」  2007年10月18日

「ピクトアップ」2004年9月号
「スウィングガールズ」お披露目ライブのときに取材されたもの。
樹里さんの写真3P+インタビュー1P と 矢口監督の写真1P(これがなかなかかっこいい!?)+インタビュー1P
樹里さんの写真2点はSGの夏のセーラー服だけど、髪型はおさげではなく、STMB春華の茶髪でサイドを耳にかけてちょっと外はねのスタイル。
だから「友子」というより「樹里さん」という感じ。
制服ではないもう1枚は゛にぬき゛(あ・・゛ゆでたまご゛のことです)みたいな、つるんとした!?ほわんとした!?感じの、なんともかわいらしい写真だった。

<記事より抜粋>
しゃべりだすととまらない女の子だなあ、これが素の上野樹里を表す的確な言葉かもしれない。自分で観た映画の内容、自分で体験した『スウィングガールズ』の打ち上げなど、そこに人が大勢登場してくるような状況を説明しようとすると、誰がそのとき相槌を打ったなんてことまで話すほどに細部描写を他者にわかりやすく、自分の話す言葉の勢いにのってえんえんと語りつづける。可愛いし、とてもよくしゃぺる子なのだ。
そんな素のキャラクターを買われて、オーディションに見事合格。そして撮影を終えた今では、矢口監督を「役者としての上野樹里のお父さん」とこっそり呼ぶほど深い信頼関係を築いている。
「矢口さんはすっごい面白いし優しいんです。・・・・出演者ひとりひとりに愛情を持ってる感じで、みんなが矢口さんに応えたいって気持ちが自然にあるから、だから現場はうまくまとまったと思います。撮影後も、監督や監督の奥さんに、行き詰まったときはいつでも相談においでって言われたので、良い出会いをしたなあって。私が雑誌に出るとき連絡すると見てくれて『ショートヘアは活発な感じでいいね、矢口。すごく似合ってるよ、純子』ってメールも来ました!」
・・・・
「ジャズって、他の物事を考えながら聴くときにいい曲なんですね。自分の部屋では、誕生日にもらった茶色いランプとアロマポットをつけて、よく聴きます。カフェっぽい雰囲気だし、落ち着きます」
・・・・
「・・・・今後もいろんな役をやって、いろんな気持ちをわかりたいんです。私はまだ自分のコントロールの仕方をわかってないけど、もし演技中に目がシバシバしてても関係なしに、テクニックよりも感情中心に演じていきたいと思っています」


こういった雑誌での紹介も映画のキャンペーンの一環。
SG公開前には本当に様々なメディアやイベントを通してプロモーションが行われていた。
SGのことを知ったのは、「てるてる家族」が始まる少し前にネット検索をしていて見つけた、樹里さんの旧ファンサイトのBBSでだった・・
夏ロケでエキストラ参加されたかたのレポも読ませていただいて、「あのウォーターボーイズの矢口監督の待望の新作で主演!」ということが本当に楽しみだった。
SG公式サイトの表紙だけができたときのこと、それからたまたま「ハリーポッター」の映画の前売り券を買いに行ってSGのチラシを見つけ、「もうチラシが出てるんだ!」ってすごく嬉しくて早速もらって帰ったときのこと(BBSにチラシがもう出てますよって書き込んだのを覚えてる・・)、ネットや雑誌もチェックして、公開前からサントラを買って聴いて、キャンペーンの期間中ずっといっしょにわくわくしている感じは、SG独特のものだったなって思う・・

樹里さんは矢口監督といっしょに8月に大阪にキャンペーンに来られていて、合同記者会見と試写会での舞台挨拶をされている。
試写会は行けなかったけれど、読売テレビの「映画ダイジェスト」という深夜番組で、合同記者会見でのコメントと、樹里さんと矢口監督がいっしょにテナーサックスを演奏された様子が紹介された。
「A列車で行こう」をユニゾンではなく、ハモらせて!
これは「SGプレミアムエディションDVD」にも含まれていないお宝映像!
樹里さんは、毎日放送の「ちちんぷいぷい 今日のダレ?」の取材も受けられ、初日前日の9/10にオンエアされた。
絶対「今日のダレ?」で紹介されるはず、と思って、1ヶ月前ほどから毎日ぷいぷいをチェックしたかいあって!?「今日のダレは・・加古川出身の美少女・・」と出た瞬間、「ヤッター! ついにキターッ! 」と録画スタート!
初日の朝は関西テレビの生放送「いつでも笑みを」に出演され、そのあと舞台挨拶へ・・
予約録画しておいた「いつでも笑みを」をあとで見たら、樹里さんは、本当に「ピクトアップ」の記事の最初の部分を彷彿させるような話しっぷり!
さすがに生放送だから、えんえん・・というわけにはいかないけれど、本当に生き生きと、目を輝かせて語っておられた。

樹里さんの初主演映画の初日舞台挨拶を大阪で、というのも、きっと関西出身の樹里さんへの、矢口監督やプロジューサーさんの「愛情」だったんだろうなぁ・・
初主演初日初回、その場に子どもといっしょに立ち会えたことは、本当に嬉しいありがたいことだったなぁと思う。

これからも樹里さんに「良い出会い」がたくさんありますように・・
スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。